豊胸手術の方法とは手順

女性の胸を大きくしたいという悩みを解決するための手段はいくつかあります。
まず、豊胸手術の方法として、シリコンパックによるものがあります。


乳房の下や脇の下など目立たないところを切ってシリコンバックを埋め込むという豊胸手術です。生理食塩水、ハイドロジェル(CMC)、コヒーシブシリコン、ソフトコヒーシブシリコン、バイオセルバック、メモリージェルバックなどがあります。
それぞれメリットデメリットがあり、お値段なども違いますので、比較をして考えてみるといいでしょう。

次に脂肪を注入するというものです。脂肪注入は自分の体の一部の脂肪を抜き取って、その脂肪を胸に注入する方法なので、アレルギーや後遺症が残りにくいと言われています。


しかし、自分の脂肪をとって、それを入れるという2段階になるのでかかる時間もそうですし、効率が少し悪いといえます。最後に、1番手軽にできる豊胸手段としてあげられるのが、ヒアルロン酸などを注入することによるものです。
もともとヒアルロン酸というのは、体内にもある成分ですので安全性の面からみても安心です。

また、メスを使わずに注入が可能なので、傷跡も残ることがありませんし、術後の生活もすぐにいつも通りの生活に戻ることができます。


しかし、簡単にできる分、その効果も1か月半から2か月で戻ってしまうといわれていて、逆にいうとばれずらいのですが、効果を維持したいという方には、打ち続けるかほかの方法の方がおすすめです。



の珍しい情報をご紹介しています。



一つ上の豊胸方法|バストアップサロン|M.M.Mに関する情報を公開しているサイトです。